スポンサーリンク

映画「僕のヒーローアカデミアTHE MOVE二人の英雄」のストーリー【第一弾・1作目】

heroaca-2018 アクション
スポンサーリンク

原作は「週刊少年ジャンプ」連載中の大人気コミックでTVアニメに続く劇場版ムービー。

原作者・堀越耕平が総監修とキャラクター原案を務めた映画だけのオリジナルストーリー。NO.1ヒーローに憧れる落ちこぼれ少年の、新たな挑戦と冒険が描かれる!

”無個性”のヒーロー物語

「僕のヒーローアカデミア」略称:ヒロアカは、「週刊少年ジャンプ」の看板作品とも言える大人気作品で、TVアニメ化もされました。

物語の舞台は総人口の8割がなんらかの超常能力「個性」を持ち、人々と社会を守る“ヒーロー”という職業が確立された世界で、“無個性”の落ちこぼれ少年が未来のヒーローを目指す胸アツ成長ストーリー。

そのTVアニメをもとにした初の劇場版は、原作者・堀越耕平が総監修とキャラクター原案を務め、TVシリーズ2期と3期の間の“空白の夏”をオリジナルストーリーで描く!

国内最大級のアニメ見放題作品数!ドコモ公式/dアニメストア

劇場版ならではの迫力で繰り広げられる主人公デクと仲間たちの活躍と成長、そして平和の象徴であるNO.1ヒーロー・オールマイトの過去なども描かれ、見どころが満載です。

ヒロアカ用語解説

 ヒロアカには様々なキャラクターと共に、ヒロアカ世界で使われる専門用語も登場します。

個性=生まれつき備わっている超常的な能力で、個性が発現した者は個性届けを登録する。

ヒーロー=”個性”を生かして、社会で発生する事件や災害から人々を救ける人間のこと。

ヴィラン=発現した“個性”を悪用する犯罪者たち。

サイドキック=プロヒーローが相棒または部下として雇える人のこと。

USJ=ヒーローたちの演習施設で、大量のギミックが仕掛けられておりスキルを磨く。

年に一度開催される「雄英体育祭」では、未来のスターヒーローがぶつかりあうビッグイベントとなっており、プロからスカウトされる場にもなっている。

僕のヒーローアカデミアのストーリー・内容

雄英高校は期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えていた。

ある人物から招待を受けたオールマイトとデクは、夏休みを利用して海に浮かぶ巨大人工移動都市「I・アイランド」を訪れた。

個性やヒーローアイテムの研究成果を展示する博覧会「I・エキスポ」の開催が迫る中、デクは“無個性”の少女メリッサと出会い、彼女と同じく無個性だった自分を重ね合わせる。

そんな時、鉄壁を誇るはずの警備システムが謎の敵(ヴィラン)にハッキングされ会場を占拠された。

人質を取られたため、オールマイトも身動きが取れなくなった。

たまたま会場の外にいたデクと雄英高校メンバーは、事態を打開すべくヴィランに立ち向かっていく!

声優キャスト

緑谷出久/デク(山下大輝)、八木俊典/オールマイト(三宅健太)、爆豪勝己(岡本信彦)

麗日お茶子/ウラビティ(佐倉綾音)、飯田天哉/インゲニウム(石川界人)、轟焦凍/

ショート(梶結貴)、ウォルフラム(小山力也)。

ゲスト声優はメリッサ・シールドの志田未来と、デヴィッド生瀬勝久。

 みどころポイント

ヒーローものの胸アツストーリーに師弟、友情、親子関係が絡み、見やすいテンポ感と要所要所で垣間見えるキャラクター同士の微笑ましい掛け合いに、ホッコリします。

主人公の「無個性」であるデクに感情移入しながら見ていると応援したくなり、自然と感情が揺さぶられる映画になっています…そして、ギャグ満載!最高に熱くて笑える。

 夢は現実に! ”無個性”の少年が、最高のヒーローになるまでの物語!

作品情報

製作国:日本

監督:長崎健司

上映時間:96分

公開日:2018年8月3日

予告動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました