スポンサーリンク

「サマーウォーズ」は、どういう話?あらすじ・感想・主題歌を紹介【ネタバレなし】

s-wars スタジオ地図
スポンサーリンク

 

OZの世界(オズワールド)

このアニメ映画を見るあたり、ネットに疎い人もいると思いますので、少しだけ簡単に説明します。

OZ(オズ)は、SNS(フェイスブックやTwitterなど)に似た世界の事を指してもらっていると思ってよいかと思います。OZの世界では自分の代わりになるアバター(OZの世界でのみ使うキャラクター)を使用する事でショッピングを楽しむことや納税なども出来てしまうのです。

あらすじ

高校2年生の小磯健二は数学が大の得意であり、その実力は数学オリンピックで日本代表に選ばれそうになるほどでした。

夏休みのある日、健二が友人と仮想空間『OZ(オズ)』でメンテナンス作業のアルバイトをしていると、先輩で学校一の美少女である篠原夏希からとあるお願い事をされます。

それは、夏希の曾祖母の誕生日をお祝いするために一緒に長野の実家へと出掛けてほしいというものでした。

夏希の実家には90歳を迎える栄おばあちゃんの誕生日を祝うために26人の親族が集まる中、健二は栄おばあちゃんに婚約者を連れていくと約束してしまったという夏希から婚約者のふりを頼まれます。

国内最大級のアニメ見放題作品数!ドコモ公式/dアニメストア

その後、振り回される一方の健二の携帯電話には数字の羅列が並ぶ謎のメールが届き、数学が得意な健二はこれを解いてしまいますが実はそれは巨大なネットワークの仮想世界『OZ』のセキュリティコードでした。

翌朝のニュースでは、ハッキング人工知能『ラブマシーン』によって『OZ』が乗っ取られ、世界中が混乱の渦に巻き込まれているとの報道がされていました。

一時期犯人とされていた健二はこの疑いを晴らしますが、『ラブマシーン』は暴走し続け、現実世界に多くの混乱を与えていきます。

健二、栄おばあちゃん、そしておばあちゃんのために集まった陣内家の親戚一同はこの混乱を終息させるために一丸となって動き出すのでした…。

感想

オズワールド

まず、なんといっても『OZ』という仮想世界を取り入れた世界観が素晴らしく、ワクワクと心が躍ります。

そして作中の映像の美しさからは見ている人を圧倒する力を感じ、終始目が離せませんでした。

細部にまでこだわって作られているのがよくわかり、見ている人を楽しませよう!という作り手の気持ちが十分に伝わってきます。

魅力的な歌詞の主題歌

山下達郎さんの爽やかなテーマソング「僕らの夏の夢」もこの映画にぴったりでいいですね。

主人公が美人な先輩に憧れる平凡な男子高校生というのに親近感が湧きましたし、逆に数学が得意で膨大な量の計算を解いてしまう人並み外れたシーンには大興奮しました!

登場する親戚たちもひとりひとりが個性豊かなのでとても親しみが湧きます。

その中でも90歳を迎える栄おばあちゃんの強くたくましい姿と凛とした言葉たちには心が動かされ、感動しました。

田舎特有の描写には心が癒され、家族のあたたかな絆の強さに胸打たれます。

田舎って、家族っていいなと胸がじんわりとあったかくなりました。

自分の家族をもっと大事にしたいと思わせてくれます。

『OZ』の世界のアバターたちは、かわいいものからかっこいいものまで幅広く存在し、特にクールでスタイリッシュな『キングカズマ』の強さには魅了されてしまいました。

他にあまりない巨大なネットワークの世界を織り交ぜながらも、王道な展開は外さないところに好感が持てますし、見ていて面白いなと感じる部分でした。

さらに、ネットの世界を描きながらも人と人の絆の大切さ、あたたかさを描いているのがとても感慨深く、そこにこの映画の伝えたいことが詰まっているのではないかなと感じました。

まだまだ人は捨てたもんじゃないなと思わせてくれる、優しい物語です。

また、ハッピーエンドで終わるのも良いですね。

この作品特有の夏が来た!という空気感が大好きです。

田舎へ行き、のんびりと羽を伸ばしたくなりました。

ネットに慣れ切った現代の子供や大人には刺さる内容だと思います。

本作にはワクワクやドキドキだけじゃなく、切なさやさみしさもすべて詰め込まれているので飽きることがありません。

現実と仮想、大自然とネットという対になる描写を存在させるところも面白く、考えさせられる要素でした。

今でも夏が来るたびに思い出す、お気に入りの作品です。

金曜ロードショーでの放送

サマーウォーズは、金曜ロードショーで何度も放送されており、約2年に1度放送されています。

2010年から2021年までに既に6回の放送が行われています。

スタッフ・監督

監督 細田守

脚本 奥寺佐渡子

制作 高橋望、伊藤卓哉、渡辺隆史、齋藤優一郎

声優

小磯 健二 – 神木隆之介(声)
篠原 夏希 – 桜庭ななみ(声)
池沢 佳主馬 – 谷村美月(声)
陣内 栄 – 富司純子(声)
篠原 和雄 – 佐々木睦(声)
篠原 雪子 – 谷川清美(声)
陣内 万理子 – 信澤三惠子(声)

予告編動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました