快適な床下ライフ!『借りぐらしのアリエッティ』のあらすじ・考察

the-borrower-arrietty-the-secret-world-of-arrietty
目次

 2010年7月に劇場公開された「借りぐらしのアリエッティ」の予告編動画は、こちら

決して、人間に見られてはいけない!…それが、床下の小人たちの掟だった。

小人たちが住む床下の世界は、ゴキブリやダンゴ虫もいるが不思議と明るい?そして快適。

『借りぐらしのアリエッティ』は、小人の少女と病を抱えた14歳の少年との交流を描いたファンタジー作品。

小人の世界と物語

童話や昔話のストーリーには、”小人”が登場する物語が沢山あります。

「白雪姫と七人のこびと」・「こびとのくつ屋」等々…人間に協力し幸せを運んでくれる小人さんもいますが、中には厄介な存在にもなる小人もいるようです。

ウクライナの民話にある「貧乏こびと」は、住み着かれると非常に困ります。

ある村に働き者のお百姓がいましたが、朝から晩まで人一倍働いても、どういうわけか村で一番の貧乏でした…ある日部屋の隅でやせっぽちの小人を見つけ話を聞いたら、ず~とここに住んでいた貧乏こびとだったのです! 日本でいう「貧乏神」が住み着いていたのです。

『借りぐらしのアリエッティ』は、床下に住み着いた”小人の少女・アリエッティ”の物語。

 借りぐらしとは?

 アリエッティたちは「床下の小人たち」と呼ばれ、自分たちが暮らす生活のことを「借りぐらし」と呼んで、人間の世界から生活用品を少しずつ借りて暮らしている小人です。

彼らは体長わずか10センチほどの異人種なので、決して「人間に見られてはいけない」という掟を守りながら、ひっそりと暮らしていました…そのため、もし人間に見つかってしまった場合は、すぐにその住処から引っ越さなければいけないのです。

大ヒット!感動アニメ

2010年公開スタジオジブリの『借りぐらしのアリエッティ』は、”小人の少女・アリエッティ”と 病を抱えた14歳の少年との交流を描いたファンタジー作品で、公開後は多くの女性の心を掴み、2010年度の興行収入は92億円超えの邦画第1位となった感動アニメです。

借りぐらしの小人たち

小人の少女・アリエッティは、明るく元気で好奇心旺盛な14歳の女の子。

人間や猫、虫に対しても物怖じしない性格で、よく床下から外に出て遊んでいる。

小人の家族たちは「人間に見られてはいけない」という掟の下、郊外にある古い屋敷の床下で食品や電気・ガスなど人間の生活品を「借り」ながら、密かに慎ましく暮らしていた。

もし人間に見られたなら、そこから引っ越さなければならなかった。

ところが、ある夏の日 アリエッティは、病気療養のためにこの屋敷にやって来た12歳の少年・翔にその姿を見られてしまう。

アリエッティと翔の、ひと夏の冒険が始まる。 そして、二人の出会いと別れが…。

キャスト・原作

声優はアリエッティを志田未来、少年・翔を神木隆之介、他、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林などが担当しています。

原作はイギリスの児童文学作家、メアリー・ノートンの「床下の小人たち」で、世界中の子供たちからも愛されている作品です。

物語の舞台を日本に置き換えて、映像化しました。

みどころポイント

小人たちが生活する架空の世界が、いかにも現実にありそうに描くジブリ作品特有の描き方が素晴らしい!
アリエッティが人間に気付かれずに生活していく為の小さな知恵の数々や、翔の純粋な優しさは、見ていて心が温まります。

緑輝く美しい風景がとても綺麗で、「トトロ」や「ラピュタ」、「魔女の宅急便」を思わせるシーンも所々あって、ジブリならではのユニークな表現の世界に引き込まれます。

フランスのハープ奏者、セシル・コルベルの心に響く主題歌も印象的でした!

ジブリ「借りぐらしのアリエッティ」のレビューを調べてみた

家族がいるんだ・・・。いいね。(翔/借りぐらしのアリエッティ)

ケルト音楽いいよね〜❗️ 多分ケルト音楽のジャンルに入ると思うんだけど 借りぐらしのアリエッティの主題歌もといサントラおすすめよ〜❗️ 全体的に幻想的で神秘的で儚い感じがして最高よ!

泥棒なんかじゃありません。借りぐらしです! いえ・・・僕も会いたいです。きっと何処かにいます。 (翔/借りぐらしのアリエッティ)

2014年 思い出のマーニー スタジオジブリ制作・米林宏昌監督により長編アニメーション映画化され、2014年7月19日公開。米林にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来、4年ぶりの監督作品。

2010年の劇場アニメ、 いばらの王 宇宙ショーへようこそ カラフル(原恵一監督の劇場アニメ) REDLINE 借りぐらしのアリエッティ と並べると、まだ00年代という名の劇場アニメ迷走の時代が終わっていないことを思わせる。

2010年 借りぐらしのアリエッティ 本作に登場する和洋折衷の屋敷や庭園は、2008年にスタジオジブリの社員旅行で訪問した青森県平川市の盛美園がモデルとなった。宮崎駿によれば屋敷の所在地は東京都小金井市の辺りという設定である。

石切丸「部屋に出る油虫のことをアリエッティと呼ぶようになってからは毎日がジブリだよ」 青江「借りぐらしさせてる場合じゃないよ」

元々は、約40年前にアニメーション監督の宮崎駿と高畑勲によって考えられた企画であり、2008年初夏になって宮崎駿によって改めて企画された。当初は『小さなアリエッティ』という題であった。【借りぐらしのアリエッティ】

「借りぐらしのアリエッティ」の翔。キャラクターデザインの段階から、声を神木隆之介に依頼する予定だった。作画スタッフは作業場にも神木のポスターを貼るなど、動作・表情の研究をしたらしい。

叶多「血吐きくんが部屋に出るゴキブリのことをアリエッティと呼ぶようになってから毎日がジブリだね」 狐種「借りぐらしさせてる場合じゃない!」

アリーチェ「桜が家に出るゴキブリのことをアリエッティと呼ぶようになってからは毎日がジブリね~!」 モニカ「借りぐらしさせてる場合じゃないだろう!」

ジブリ好きな私的に、ジブリのお話してくれるの嬉しすぎた!!!!! 雄大が好きなのはキャラでは「ハウル」、作品は「猫の恩返し」!!! 大夢は、「借りぐらしのアリエッティ」(「平成狸合戦ぽんぽこ」)!!!! フロイニ INI FromI…

作品情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる