スポンサーリンク

『海辺のエトランゼ』登場キャラクターと見どころポイントご紹介

umibeno ボーイズラブ
スポンサーリンク

2020年9月に劇場公開された「海辺のエトランゼ」の予告編動画は、こちら

オンブルー・・・どこまでも広がる海の青、ゆったりと流れていく時間。

南の小さな島で出会った、少年と青年の恋物語がはじまる。

沖縄の離島を舞台に、小説家の卵と少年の初々しい恋愛を描くボーイズラブストーリー。

二人の出会い…海辺のエトランゼ

 「エトランゼ」とは、フランス語で見知らぬ人という意味…海辺の二人の「恋」が始まる!

小説家の卵でゲイの青年・駿は、いつも海辺に物憂げに佇む少年・実央に声をかけた。

「ちょっと、君!」…それをきっかけに、実央も駿の事を意識はじめるが…。

そんな二人の初々しくも、もどかしい関係と 男&男の恋心を描いたコミックは多くの読者の心をとらえ、遂にBLアニメレーベル「BLUE LYNX」で待望の劇場アニメとなりました。

初々しいボーイズラブ

 漫画家・紀伊カンナのBL漫画『海辺のエトランゼ』は、年下フリーターとゲイ小説家のじれったいほど切ない恋を描き〝心が、洗われるようなボーイズラブ“という謳い文句の帯が付いて書籍化されました。

「あ~これは映画化も納得だな!」と素直に思えるほどのラブストーリー?で、ボーイズラブの雰囲気がしっとりと、しっかりと伝わってきます。

“僕たちは特別じゃないヨ…ただ、恋をしてるだけさ”。

 紀伊カンナさんの作品には、他に「春風のエトランゼ」シリーズと「雪の下のクオリア」

があり「春風」シリーズは、駿の実家に帰る実家偏と同棲編、完結編があります。

いずれも、惹かれ合うBLの詳細な心情や具体的な出来事が、詩的に描かれています。

海辺の二人の「恋」が始まる!

3年前、2人は沖縄の離島の海辺で出会った。

小説家の卵でゲイの橋本駿は、海辺のベンチで物憂げに過ごす高校生・知花実央が気になりナンパめいた声をかける。
日に日に距離を縮めた2人だったが、「早く大人になりたい」…そう言い残し、実央は島を去っていく。

そして3年後、島に戻ってきた実央は「3年考えた。男でも駿が好き」と駿に迫る。

少しだけ大人になって帰ってきたんだよ…気持ちが通じあった時、再び時間が動き出す。

しかし駿は、いざ実央と恋人同士に…となると1歩を踏み出せなくて身構えてしまう。

年下フリーターと、ゲイ小説家のじれったいほど切ない恋物語が始まる。

見どころポイント

絵がとても、綺麗!

繊細に揺れ動く二人のドラマと、光・色彩・雰囲気がとてもよくて丁寧に描かれています。

沖縄の島の雰囲気と下宿先のお家、そして海、描かれる環境そのものがキラキラして夢のように素敵で、美しい世界観に引き込まれます。

軽めのBLが好きな方にオススメ!

 BLアニメ「囀る鳥は羽ばたかない」のように濃厚でハードなBL作品もありますが、本作は澄んだスープのような清々しさと瑞々しさに溢れていて、ライトなBLが好きな方にオススメです。

いつも海を見ている少年・・・その横顔が、きれい・キレイ・綺麗……気になります!

「海辺のエトランゼ」をAmazonプライムで視聴する

「海辺のエトランゼ」のレビューを調べてみた

左から「海辺のエトランゼ」「光が死んだ夏」「ブルーピリオド」よ!!👍🏻

わかりやすい指標として(?)核まで届かないと涙を流すことって有り得ないので、やはり約10回観に行って泣きまくってた映画『海辺のエトランゼ』はよほど核に訴える何かがあったんだろうね 紀伊カンナ先生、名状しがたい天才なのだと推察致します

海辺のエトランゼ1ミリしか知らないけど、あらすじ見る限り福永武彦の草の花みがある 主人公が小説書いてるとか「エトランジェ」ってワードとか海辺が舞台?とか

『海辺のエトランゼ』のアニメがよかったのをふと思い出して続きの『春風のエトランゼ』を4巻まで読んだ。駿は何もかも持っていて、自分と比べてしまって悲しくも羨ましくもある。若くて美しいボーイフレンド、なんだかんだ理解してくれている両親、弟、婚約者、犬と猫、広い家。 春風のエトランゼ

むしろめちゃめちゃ教えたい「海辺のエトランゼ」ってら作品!!!1巻で終わって続編で春風があるから海辺見て気に入ってら春風もぜひ買って!!!!!

海辺のエトランゼ、BLなんだけど、主人公カプ以外の主要メンツ全員女なのあんまりないような気がするのですが、どうなんでしょうか?あと女の子みんなかわいいんですよ…みんなすき…ちなみに主人公カプの後ろの2人の女の子は付き合ってるのでよろしくお願いします h…

海辺のエトランゼ、映画みたいけど借りにいくのめんどくさい あと多分子宮に沈めるが見たすぎて忘れると思う

うん☺️もう二人ともいっぱいやってるから、スターですよ☺️敢えて言えば、海辺のエトランゼの実央=松岡君、ギヴンの上ノ山立夏=雄馬♥️☺️

友達から借りた海辺のエトランゼ、めっちゃ爽やかで読んでてめっちゃ楽しかったぁぁ〜!!! こういう系は全然読まないから、すごい楽しめた(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु

 作品情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました